どんな仕組み?脱毛クリームのメカニズムについてまとめ

脱毛クリーム売れ筋ランキング

どんな仕組み?脱毛クリームのメカニズムについてまとめ

今までに脱毛クリームの商品や安全性について紹介させていただきましたが、最後に脱毛クリームに含まれている成分やメカニズムについてより詳しく説明していきたいと思います。

脱毛クリームは、塗ってしばらくすると毛が綺麗に取れてしまいます。
この仕組みの原因は「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ成分が毛に含まれるタンパク質の構造を溶かす働きがあるために起こるものです。
薬品を使って毛を溶かしていく、考えただけでも少し使用するのが怖くなるかもしれませんが、チオグリコール酸カルシウムのおかげで表面に見えている毛は溶けてなくなり綺麗ですべすべな肌触りとます。
お金のかからない低コストでしかも自宅で簡単に便利にできるのが脱毛クリームのメリットといえるでしょう。

しかしエステやサロンなどで行う脱毛とは違い永久的ではありません。
脱毛クリームはあくまで表面の毛を溶かすだけなので、毛根は残ったままです。
使用してもまたしばらくすると新しい毛が生えてしまうのが難点と言えましょう。
またパーマ剤にも含まれているのでパーマをしたことがある方はご存知かもしれませんが少し独特なにおいがあります。
においに敏感な方は気を付けてください。

そして脱毛効果を高めるため、脱毛クリームには水酸化カルシウムなどのアルカリ剤も含まれています。
これらは刺激物になるので、何度も使うこと、顔やデリケートゾーンに使用することはNGです。
もし使いたい場合は専用のクリームを使用しなおかつ、パッチテストを忘れないようにしましょう。

医薬部外品で今では薬局、通販などどこでも手に入れられる商品ではありますが、一歩使い方を誤れば炎症・肌荒れを招いてしまう怖いものです。
敏感肌・天然由来成分配合・女性用など種類は豊富なので自分に合ったクリームを見つけ、必ずパッケージ裏の説明書きを読み用法・容量・使用時間・アフターケアを守り綺麗な肌を手に入れていきましょう。